元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
医薬品評価センターが「国家医療機器有害事象モニタリング情報システム」及び「国家化粧品副作用モニタリングシステム」の国家医薬品監督管理局医薬品監督管理クラウドへの移行について公告
时间: 2020-07-06 |クリック回数:

  国家医薬品監督管理局(以下、「国家局」と略称)は、「国家医薬品監督管理局による医薬品スマート監督管理推進加速化の行動計画」の関連計画に基づき、国家局医薬品監督管理クラウド(以下、「国家医薬品監督管理クラウド」と略称)第1期の構築を完了している。国家局及び医薬品評価センターの全体業務計画に基づき、「国家医療機器有害事象モニタリング情報システム」(以下、「機器システム」と略称)及び「国家化粧品副作用モニタリングシステム」(以下、「化粧品システム」と略称)はすべて国家医薬品監督管理クラウドに移行することになった。国家局のシステムがクラウドに移行するのは初めてで、詳細事項については以下のとおりである。

  一、稼働開始時期について

  機器システムと化粧品システムはすでに2020年6月26日0時から国家医薬品監督管理クラウドで稼働を開始した。

  二、ドメイン名について

  (1)化粧品システム

  化粧品システムは移行後にドメイン名とURLを変更した。変更後のURLはhttp://caers.adrs.org.cnとなる。各ログインユーザーの名称とパスワードは変更されない。

  2020年6月26日0時以降、元のURL(http://www.caers.org.cn)にアクセスすると、自動的に新しいURLにジャンプすることが表示される。この表示は7月15日に終了し、元のURLも同時にアクセスできなくなる。

  (二)機器システム

  機器システムのドメイン名とURLは変更せず、各ユーザーの名称とパスワードも変更されない。

  (出所:医薬品審査センターサイト2020-06-29)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2020/07/06 08:51:04