元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
第7回中国薬物警戒大会が開催
时间: 2019-11-20 |クリック回数:

  2019年11月14日から15日まで、国家医薬品監督管理局医薬品評価センター(国家医薬品副作用モニタリングセンター)の主催で、第7回中国薬物警戒大会が広州で開かれた。国家医薬品監督管理局の陳時飛副局長は大会に出席して談話を発表した。今回の大会は「薬物警戒と監督管理科学」に焦点を当て、薬物警戒の新しい動向と成果を踏まえた上で、国内外における薬物警戒関係最先端思想と知恵を集め、中国における薬物警戒分野関係学術的交流を促進し、国家医薬品監督管理局の医薬品監督管理科学化プロジェクトを活用し、薬物警戒の国際化、現代化、規範化、科学化を推進することを目的とする。

  長年の発展をへて、中国の薬物警戒は大きく進歩し、法律法規システムも絶えず改善され、モニタリング?評価システムも逐次に整備され、報告件数と質も着実に向上し、リスク制御手段もより一層成熟し、ワクチンモニタリング評価も強化され続け、国際協力も持続的に深化された。ここ5年間、100以上の品目に対し、添付文書修正などの安全性リスク管理措置をとり、7品目医薬品の承認書類を取り消し、57期の「薬物警戒速報」、10期の「医薬品副作用情報通報」を発表し、リスク管理手段をよりさせた。

  陳副局長は、「中国の医薬品副作用モニタリングは著しい成果を収めており、それは監督管理部門、モニタリング機構、医療機構と産業界が共同で努力し、緊密に協力した結果で、中国における薬物警戒展開に堅実な基礎を築いた」と指摘した。新しく修正された「医薬品管理法」は初めて「国による薬物警戒制度の確立」という方針を明確に打ち出し、副作用モニタリングを国家制度レベルまで引き上げた。医薬品副作用報告制度から薬物警戒制度まで、モニタリングの範囲も上市後におけるモニタリングをメインとすることから全ライフサイクルに拡大し、中国における薬物警戒の発展は新しいページを開いた。これは中国における薬物警戒の里程標であり、中国における薬物警戒の発展に未曾有の契機をもたらした。

  今回の大会は主会場と5つの分科会に分けられ、43名の国内外からの専門家と学者が自らの分野の最新成果について報告を行った。

  また、全国各地の医薬品生産企業、医療機構、各級医薬品監督管理機構からの1000名近くの代表も今回の大会に参加した。会議の参加者によると、中国薬物警戒大会は情報交換、学術交流、応用化向け協力のための良質なプラットフォームを構築し、中国の薬物警戒研究と実践のさらなる発展、持続的な進歩の促進に役立った。

  (出所:医薬品評価センターサイト2019-11-15)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/20 09:26:45