元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
全国医薬品副作用モニタリング評価業務会議が京で開催
时间: 2019-03-19 |クリック回数:

  2019年2月21日から22日まで、2019年全国医薬品副作用モニタリング評価業務会議が北京で開催された。国家医薬品監督管理局党組織メンバー、副局長の徐景和氏は会議に出席して談話を発表し、同局医薬品評価センターの沈伝勇主任は2019年全国医薬品副作用の二田リング評価業務に関する報告を行った。

  会議では、2019年の7項目重点業務が割り当てられた。1つ目は医薬品上市許可保有者による副作用報告制度の実施。2つ目はリスク評価を怠らずに行い、リスク制御のレベルを高めること。3つ目は新薬と新型医療機器へのモニタリングに注力すること。4つ目は医療機器有害事象モニタリングと再評価管理の強化。5つ目は100品目の医療機器に重点を置き、モニタリングを深いレベルまで行うこと。6つ目はモニタリングのモデルを革新し、アライアンス促進を引き続き行うこと。7つ目は化粧品有害事象と薬物濫用のモニタリングを穏やかに推し進めること。

  全国各省、自治区、直轄市、解放軍と新疆生産建設兵団、副省級都市の医薬品副作用モニタリングセンターの責任者および国家医薬品監督管理局医薬品評価センターの関係者が会議に参加した。

  (出所:医薬品評価センターサイト2019-02-25)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:26:31