元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
第二十五期「薬品不良反応情報通報」
时间: 2010-03-02 |クリック回数:

2010年2月国外情報版

編者の言葉:
薬品不良反応情報は、我が国の薬品安全監督管理、公衆が薬品使用上の安全性を保障するため建設された一つの制度であり、我が国の薬品不良反応の監測仕事を推進し、広大な公衆の薬品使用上の安全性を保障することに積極的、有効な作用を果たしている。

薬品市場の国際化につれて、薬品不良反応の監測も国際化に赴き、他の国家の不良反応の監測情報は我が国の公衆の薬品使用上の安全性を保障することにも非常に重要な作用を持っている。それで、第十三期の「薬品不良反応情報通報」から、国外情報版を作り、国外の他の薬品監督管理部門が発布した最新の安全性情報を紹介し、安全性情報を発布した背景と関連の技術資料を分析すると同時にその品種は我が国での臨床使用情況を参考して、その薬品が我が国での効果と利益/危険を評価する。

国家薬品不良反応監測センターはダイエット薬品の安全性問題に対してずっと関心を払っている。2004年は第6期の「薬品不良反応情報通報」に塩酸フェンフルラミンの心血管系の厳しい不良反応を通報した。2009年1月は、国家食品薬品監督管理局が塩酸フェンフルラミンの原料薬と調合剤の我が国での生産、販売と使用を停止させ、それの認可証明文書を撤回した。2009年の年始、国家薬品不良反応監測センターがシブトラミンに対して系性的な評価を展開し、その上当時に収集したデータ、文献資料と関連情況に付いて専門家諮問会を開いた。専門家は医者の指導に従って適応症によって合理的にシブトラミンを使用すること、その上長期使用の安全性に付いて関心を払うようにと進言した。

近日、一つの欧州連合より審査しアボット会社より展開したシブトラミン上場後の研究から得た初歩の結果を依拠し、欧州連合、アメリカなどの国際において主要である薬品監督管理部門が、それぞれ上場許可を一時停止し、説明書に修正させ、タブー症を増やさせるなどの危険管理施策を取った。国家薬品不良反応監測センターが国外の最新研究と報道を知った後、再度この品種に対して高度な関心を払うとともに新しい証拠資料を結びつけ、それに対して再度評価した。国家食品薬品監督管理局が国家薬品不良反応監測センターの評価結果に基づき、我が国に適当な施策を取る。

医務従事者、薬品生産経営企業および公衆がすぐにこの製品の安全性問題を了解し、薬品使用上の危険性を抑えるため、特に特集の形でシブトラミンの関連情況を通報する。

シブトラミンの最新の国際安全性情報に関して

2010年1月21日に、ヨーロッパ薬品管理局(EMA)がそのサイトに発布した情報は、その人用薬品専門家委員会(CHMP)が一つのシブトラミン(Sibutramine)に関する安全性評価(SCOUT研究の初歩結論)によって、この製品の危険性は効果と利益より大きいという結論を得たため、欧州連合の範囲でその上場許可を一時停止するようにと進言したという。

広大な医務従事者と患者がすぐにシブトラミンの使用上の危険性を了解し、臨床投薬の安全性を保障するため、国家薬品不良反応監測センターが特にこの安全性情報を通報する。

一、製品の基本情況

シブトラミンは中枢神経作用のダイエット薬品であり、その体内の代謝産物がノルエピネフリン、5–HTとドーパミンの再び摂取することを抑制でき、飽食感を増やすとともにエネルギーの損耗を加速させる。シブトラミンは1997年にアボット会社より真っ先にメキシコで上場した。我が国での上場時間は2000年で、処方薬であり、品名は曲美、澳曲軽、可秀、賽斯美、曲婷、浦秀、亭立、奥麗那、曲景、新分美琳、希青、申之花、衡韵、苗楽、諾美亭などがある。アボット会社が2001年に我が国で輸入登録証書を獲得し、まだ国内に販売していない。

シブトラミンの国内の薬品説明書にはシブトラミンは、飲食抑制と運動しても体重を軽減、制御できない肥満症の治療に適合することを明確にしている。体重軽減と維持を含んでおり、治療は少カロリーの飲食と運動を結びつけてしなければいけない。下記の方に使用を推薦する:体重指数(体重指数=体重/身長の平方)は、30kg/m2より低くない、あるいは27kg/m2より低くないその上他の危険要素(高血圧、糖尿病、血脂異常など)が伴なう肥満症患者。

二、SCOUTの研究情況と関連な危険制御施策

SCOUTSibutramine Cardiovascular Outcome Trial)は「シブトラミン心血管終点試験」のことで、欧州連合の人用薬品専門家委員会が認可し、アボット会社が展開した上場後の研究である。この無作為、両盲、慰め剤対照研究は2002年に始まり、6年にかけて、約1万人の55歳とその以上、重量オーバーあるいは肥満、しかもすでに心血管疾病歴史或はⅡ型糖尿病歴史、あるいはまだ他の心血管疾病危険のある方に登録してもらい、シブトラミンを使用した後の体重軽減は心血管への影響を評価する。

初歩の研究結果によると、慰め剤対照組と比べて、シブトラミン組の患者が厳しい、非致死性心血管事件を出現する危険が増えている。シブトラミン組の心血管事件の発生率は11.4%であるが、慰め剤対照組は10%である。研究中のそれぞれの組の具体的な心血管事件の状況は下の表の通りである。差し当たり、これはただ研究の初歩結論であり、すべてのデータの全面的な分析は現在しているところで、正式な結論は3月頃に公表される。

CHMPは評価に、シブトラミンはすでに心血管疾病があることがわかっている患者に用いることを禁止しており、治療時間も常規の奨めの治療コースより長いため、SCOUT研究の大部分の患者は説明書通りにシブトラミンを使用していないことを言及した。

SCOUT研究の組別の心血管事件の状況

組別

慰め剤対照組

シブトラミン

危害比率(95%の信用度)

P

糖尿病歴史組 合計人数 心血管事件*心血管事件がこの組に占める比率

1,178

77

(6.5%)

1,207

79

(6.5%)

1.010 (0.737, 1.383)

0.951

心血管危険病歴史組 合計人数 心血管事件*心血管事件がこの組に占める比率

793

66

(8.3%)

759

77

(10.1%)

1.274 (0.915, 1.774)

0.151

糖尿病+心血管危険病歴史組合計人数 心血管事件*心血管事件がこの組に占める比率

2,901

346

(11.9%)

2,906

403

(13.9%)

1.182 (1.024, 1.354)

0.023††

* 心臓病発作、非致死性卒中、心臓が突然に止まる後にまた復活、心血管死亡を含む

†† 統計学において著しい意義がある

以上の研究結果により、2010年1月21日に、ヨーロッパ薬品管理局(EMA)が欧州連合範囲内でシブトラミンの上場許可を一時停止することを進言した;イギリスが欧州連合の評価結果に基づいて、企業にシブトラミンの販売を停止することを要求した;アメリカ食品薬品監督管理局(FDA)が企業がシブトラミンの説明書に新しいタブー(冠脈疾病、卒中、一過性虚血発作、心律異常等)を加えることを要求した;オーストラリア医療製品局(TGA)がシブトラミンの製品説明書にすでにあったアドバイスを強調したうえ、新たにSCOUTの研究の描写情報と一つの注意を添えた、即ち患者がシブトラミンを適当な治療コースを使用した後にダイエットの効果がなかった場合は使用を停止すべくと進言するとともに企業に医務従事者への手紙を発布してシブトラミンの関連危険に警告することを要求した。

三、シブトラミンの不良反応監測情況に関して
1、国内のシブトラミンの不良反応の情況

2004年1月1日から、2010年1月15日に至って、国家薬品不良反応監測センター病例報告が全部でシブトラミンの関連不良反応報告を298例受け取り、主な不良反応は動悸、便秘、口が渇く、めまい、不眠などであある。主な巻き添える系統は神経、胃腸系、中枢と外周神経系統などであり、その多くはすでに説明書に載明の不良の反応であり、今のところはの死亡の病例はない。

2、WHO薬品不良反応データベースの情況

sibutramine」を検索語としてWHO薬品不良反応データベース(Vigibase)を検索すると、2009年1月4日を締め切りに、全部でシブトラミンの不良反応報告を8174例検索でき、不良反応の回数は17436例である。主な不良反応は頭痛、口が渇く、不眠、高血圧、めまいなどである。主な巻き添える系統は神経紊乱、全身性損害、胃腸の系損害、中枢と外周神経系統損害、心率と心律紊乱等である。

四、アドバイス
医者がシブトラミンを処方する時に説明書に表記したタブー症を注意するようにし、特に冠心病病歴が存在し、充血性心不全、高血圧が取り合わない(血圧は>145/90mmHg)、心律はそろわない、脳血管疾病、周囲動脈閉塞性疾病の患者は、使用することを避けるべく。処方の時、患者に厳格に薬品説明書の通りに使用することと適当な治療コースを使用した後、ダイエットの効果がなかった場合に使用することを停止することを伝えるべく。

肥満を治療する人込みも、或いは体重を減らすことで体を塑製したがる人込みも、長期に渡り、科学的な生き方を堅持することを進める、例えば適当に飲食をコントロールし、体力労働、運動をするなどを堅持し、それこそ体重を保持でき、跳ね返りを減らせる。医者をコンサルティングしないでかってにダイエット類薬物を使用してはいけない。

薬品生産企業が即刻ですでに知った薬品使用上の危険性を医者(医者に手紙を出すなどの方式を取れる)に告知するように進言する;すでに潜在危険性を知った場合は、即刻で説明書を修正し完全し、安全合理的に薬品を使用するようにを提示する;シブトラミン上場後の薬品注意計画書を制定し、相応な上場後の研究、系統的にシブトラミンの臨床安全性の方案を制定するとともに主動的に実施する。

参考文献:

1. http://www.mhra.gov.uk/NewsCentre/CON068470
2. http://www.tga.gov.au/alerts/medicines/reductil.htm
3.http://www.fda.gov/Safety/MedWatch/SafetyInformation/SafetyAlertsforHumanMedicalProducts/ucm198221.htm
4.http://www.ema.europa.eu/pdfs/human/referral/sibutramine/3940810en.pdf
5.
「薬品臨床情報参考」2008年版、四川美康医薬ソフトウェア研究開発有限会社、798-799

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:24:54