元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
国家食品薬品監督管理局はビスフォスフォネート薬物の安全性に注意を払うよう呼びかける
时间: 2011-04-18 |クリック回数:

 近日、国家薬品不良反応モニタリングセンターは第37期の「薬品不良反応情報通告」を発表し、ビスフォスフォネート薬物の重大な不良反応を通告した。国家食品薬品監督管理局は多くの医療従業員、国民と薬品生産企業に、ビスフォスフォネート薬物の安全性に注意を払い、関連リスクを警戒するよう呼びかけている。

 2011年2月の末までに、国家薬品不良反応モニタリングセンターはビスフォスフォネートに関する不良反応報告を1,072件受理した。主な不良反応は、発熱、嘔吐、湿疹、下痢、眩暈、腹痛、筋肉・骨格痛、疼痛、頭痛、アレルギー反応、胸痛、インフルエンザ症状、アフタ性口内炎、低カルシウム血症、動悸、食欲不振症、消化不良、水腫、眼症状などを含める。その内、骨格・筋肉損害は191件、食道損害は53件、腎臓機能損害は20件、下顎骨損害は3件であった。

 国家食品薬品監督管理局は臨床医師に、ビスフォスフォネート薬物を利用する際に、しっかりと患者の健康状態をモニターし、患者の状況に応じて治療案を調整することで、不良反応の発生を避ける、或いは減らすようアドバイスしている。生産企業に製品取扱書をタイムリーに整えて、医薬品安全利用に関する宣伝を強化し、詳細かつ全面的に医薬品安全性の情報を知らせ、自主的なモニタリングを実施し、医薬品不良反応の情報を集め、品種別でリスク管理の計画を建てることで、患者の医薬品安全利用を最大限に保障するようアドバイスしている。

 関係リンク:医薬品不良反応情報通報(第37期) ビスフォスフォネート薬物の重大な不良反応に注意を払う。

     http://www.sfda.gov.cn/WS01/CL0078/60673.html

(出所:SFDAウェブサイト 2011年04月15日)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:24:54