元のバージョ

関係機構業務情報

医薬品評価センター
2015年全国医薬品副作用モニタリングセンター主任業務会議が貴州省で開催
时间: 2015-04-02 |クリック回数:

2015年3月9日から10日まで、2015年全国医薬品副作用モニタリングセンター主任業務会議が貴州省貴陽市で開催された。会議は全国医薬品監督管理業務会議の精神を全面的かつ徹底的に貫徹し、2014年全国医薬品副作用モニタリング業務を総括し、2015年医薬品、医療機器と化粧品モニタリング重点任務の割当を研究した。

国家センターの杜暁曦氏は2014年全国医薬品、医療機器と化粧品モニタリング業務について報告し、2015年の重点業務を述べた。全国の医薬品副作用モニタリングチームは法律によってモニタリングを行い、速やかに事前警告を行い、科学的に評価し、能率的にサービスを行うという業務実施構想に従い、以下の四つのことを行うよう要求した。一つ目は企業と医療機構を要とし、法律によってモニタリングを行い、監督と検査を強化し、ADR関係モニタリングにおける役目を十分を果たさせること。二つ目は問題意識を持ち、事前警告の手段を豊富にし、リスク前兆を発覚、評価、対処する能力を高め、前兆発掘の関係業務を全力的に推し進め、年内に化粧品関係報告システムの確立を完了するよう努めること。三つ目は全力を尽くしてモニタリング関係の組織とチームを確立すること。四つ目は新しいモニタリング・モデルの創製を奨励し、積極的にモニタリング業務を実施すること。

(出所:医薬品評価センターサイト2015-03-17)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:24:51