元のバージョ

関係機構業務情報

医療機器技術審査センター
国務院弁公庁が「医薬衛生体制改革2019年重点任務」を発表
时间: 2019-06-17 |クリック回数:

  最近、国務院弁公庁は「医薬衛生体制改革2019年重点任務」(以下「任務」と略称。)を発表した。

  「任務」では、習近平新時代中国特色社会主義思想をガイドラインとし、党の十九大と十九回二中、三中全会の精神を徹底的に発揚し、党中央と国務院による健康中国戦略と医薬衛生体制改革計画を徹底的に実施し、「基本保護、基礎強化、メカニズム確立」という方針を堅持し、業務の中心を「病気の治療」から「国民の健康」へ転換させ、予防に重点を置き、疾病予防と健康促進に注力し、「治療を受けるのは難しく、治療費が高い」という問題の解決をめぐって医療、医療保険、医薬連動の改革を深化し、医療改革を確実に行い、効果をあげ、国民に利益を与えると指摘された。

  「任務」では、2通りの重点業務内容が明確化された。1つ目は作成する書類についての研究。具体的には、「健康中国」計画、社会による医療促進と健康向上の促進、ジェネリック医薬品目録作成の推奨、医用消耗材の使用、医薬品集中調達と使用を突破口とする医療改革の深化、医療機関における医薬品使用管理、オンライン診療費用支払いと医療保険使用、衛生関連プロ技術者資格認定制度改革、高齢者健康サービスシステムの確立と整備、二級以下公立医療機関における考課システム、医師チーム管理の強化、医療連合体の管理、公立病院給与制度改革、医療保険個人口座関連改革、医療保障基金使用の監管などに関する15書類だった。2つ目は重点業務の実施を推し進め、「治療を受けるのは難しく、治療費が高い」という問題の解決と病院管理強化などをめぐって、21項目業務の内容を定めた。「治療を受けるのは難しい」という問題の解決に関しては、国家医学センターと地域医療センターの建設、医療連合体の秩序正しい発展と分級診療の促進、「放管服」(「行政簡素化と権限委譲」、「監督管理の強化」、「サービスの最適化」の省略。)改革深化と社会による医療促進、「インターネット+医療健康」の促進、県レベル総合医療改革の推進、「健康中国」計画の実施、癌などの重大疾病予防と治療などの重点業務の内容を定めた。「治療費が高い」という問題の解決に関しては、国による医薬品集中調達と使用試行の推進、高額医用消耗材関係改革の推進、国家必須医薬品制度の整備、医療保険適用改革の推進、公立病院補償メカニズムの整備、公立病院総合改革の深化、健康促進と貧困克服の深いレベルまでの実施などの重点業務を定めた。病院管理強化に関しては、公立病院考課システムの整備、医療サービスのさらなる改善などの重点業務を定めた。

  「任務」では、各地域の政府、各関係機関が指導を強化し、有効的な措置をとり、職責を果たし、時間厳守で品質も確保した上で各任務を完了し、改革と政策関係情報を積極的に公開し、関係説明責任を果たし、ノウハウを広め、改革のコンセンサスを得ると強調された。また、各改革の責任機関が政策関係書類制定期間と進捗管理に関する要項を制定すると明確化された。

  (出所:国家医薬品監督管理局サイト2019-06-06)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:26:37