元のバージョ

最新情報

最新情報
国家医薬品監督管理局による医薬外資企業座談会の開催
时间: 2022-06-30 |クリック回数:

  2022年6月15日、外資企業へのサービス関連業務をさらに深めるために、国家医薬品監督管理局は医薬外資企業オンライン座談会の開催を組織し、米国、欧州、日本などの医薬品、医療機器、化粧品分野の外資系企業15社およびビジネス協会の代表から意見や提案を聞き取った。国家医薬品監督管理局副局長趙軍寧が会議に出席して演説し、中国貿促会の張慎峰副会長が交流に参加して演説し、国家医薬品監督管理局の関連部門と直属単位の関連担当者は座談会に出席して企業の質問に答えた。

  会議に出席した外資系企業とビジネス協会の代表は、中国における医薬品監督管理改革の成果を高く評価した。第一に、国家医薬品監督管理局による審査・承認改革における顕著な成果は、製薬業界から高い評価を得ており、良好な医薬生態環境の構築と製薬企業の革新能力の向上に極めて重要な役割を果たした。第二に、国家医薬品監督管理局は、コロナ期間中、業界の実際の困難を十分に考慮し、柔軟性のある監督管理措置を取り、合理的な政策調整を通じて、企業に適切な緩衝を与え、企業の足元の火を消した。第三に、スムーズな交流とコミュニケーションにより、企業の懸念がタイムリーに監督管理部門に伝えることができる。国家医薬品監督管理局は、企業が懸念する問題を様々な形式とルートで収集することに重視し、積極的に対応し、解決を促進する。会議に出席した外資系企業とビジネス協会の代表は、率直かつ積極的に発言し、医薬品、医療機器と化粧品の登録、検査、製造に関する意見と提案を提出した。国家医薬品監督管理局の関連業務部門と直属部門の関連担当者が現場で対応し、企業が抱える問題について丁寧に答えた。

  趙軍寧は、近年、中国の医薬品監督管理改革は重要な進展を遂げ、医薬品監督管理システムの構築は絶えず改善され、審査・承認プロセスは絶えず細分化・最適化され、漢方薬の伝承・革新と開発のために新しい方法が絶えず探求され、国際交流と協力は新たな段階に入ったと述べた。国家医薬品監督管理局は、外資系企業へのサービスを高度に重視しており、座談会を通じて外資企業の意見や提案を深く理解し、改革の成果を十分に発揮し、中国における外資系企業の発展をより良く促進することを望んでいる。

  趙軍寧は、外資系企業が報告された共通の問題は、国家医薬品監督管理局が業務で注目している重要な問題でもあると強調した。国家医薬品監督管理局は、今後の業務で慎重に検討し、制度設計と法規の改正の過程で注意を払うことになる。

  次の段階として、国家医薬品監督管理局は、引き続き改革成果を拡大し、監督管理の国際化レベルを向上させ、改革ののメリットを継続的に享受させる。国家医薬品監督管理局は、いくつかの共通の問題について業界と交流を行い、問題の解決を促進する。外資系企業が中国の医薬品監督管理について深く理解し、参加できるようになり、中国ひいては世界の健康事業に積極的に貢献することを期待している。

  (出所:国家医薬品監督管理局サイト2022-06-15)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2022/06/30 10:18:59