元のバージョ

食品医薬品年次報告

食品医薬品年次報告
「2013年度国家薬物乱用モニタリング報告書」の発表
时间: 2014-10-08 |クリック回数:

最近、国家食品医薬品監督管理総局、国家麻薬取締委員会弁公室は共同で「2013年度国家薬物乱用モニタリング報告書」を発表した。2013年度、全国薬物乱用モニタリングシステムは31の省(自治区、直轄市)において、薬物乱用モニタリング調査票を20万3千枚を集め、主要モニタリング対象は強制・隔離型麻薬利用者更生施設、自発型麻薬利用者更生施設、コミュニティ薬物乱用持続治療機構、拘置所などの麻薬取締実施機構で収容された薬物乱用者だった。近年における我国薬物乱用の傾向に合わせて、2013年は拘置所などの麻薬取締実施機構に対するモニタリングに力点を置いた。年間報告書は、2013年度我国薬物乱用モニタリングの全体状況についての分析、ヘロイン、合成麻薬、医療用麻薬および新規薬物乱用者の状況についての重点記述、縦軸を立てて2009年から2013年までのモニタリングデータの比較を通じ、我国薬物乱用の現状、特徴および成り行きを明らかにした。

また、年間報告書が示したように、2013年の我国薬物乱用の特徴は5つである。一つ目は新規薬物乱用者が持続的に増加し、合成麻薬乱用者が新規薬物乱用者のメインとなったこと。新規薬物乱用者のうち、合成麻薬乱用者は80.5%を占め、過去5年間で41.7ポイントも増加した。二つ目はヘロインは相変わらず薬物乱用者が乱用する主要麻薬であるものの、乱用は年々減少する傾向にあること。モニタリングされる薬物乱用者のヘロイン乱用率は66.8%で、過去5年間で22.7ポイントが下がった。三つ目は合成麻薬乱用は年々増える傾向で、エフェドリンはそのメインであること。合成麻薬乱用率は33.9%で、過去5年間で17.1ポイント上昇した。エフェドリン乱用者は合成麻薬乱用者の77.9%を占めていた。四つ目は薬物乱用者は若年化の傾向が顕著で、35歳以下の者が合成麻薬乱用者のメインになっていたこと。50.7%の薬物乱用者は35歳以下の青少年で、70.1%の合成麻薬乱用者は35歳以下の青少年だった。五つ目は医療用麻薬の乱用・使用は少ない状態で、年々下がる傾向にあること。報告された医療用麻薬乱用率は6.0%で、2012年より2.2ポイント下がった。

年間報告書は我国薬物乱用の状況が厳しいことも示した。政府は社会の調和と安定を維持し、公衆の健康と安全を保護するために、一連の措置をとり、我国における薬物乱用の拡大の抑制に努めてきた。「中華人民共和国麻薬取締法」などの法律と法規を制定、実施し、法体制を整備し続けた。「麻薬取締業務の強化に関する意見」を発表し、麻薬取締の体制とメカニズムを革新し、薬物乱用総合取締体制を整備した。日常の監督と検査に力を入れ、医療用麻酔薬品、向精神薬と麻薬原料になりやすい化学品の生産、販売などの行為を規範化させ、その流出と乱用をしっかりと防止した。麻薬取締の人民戦争を広く展開し、総合的な管理措置を全面的に実施した。宣伝教育活動を展開し、企業が法律によって生産と経営を行うよう促し、公衆が自主的に薬物乱用を拒むよう警告した。総合的な介入措置をとり、麻薬依存症の回復と麻薬中毒者の救助にサービスを提供し、麻薬生産・販売などの違法、犯罪活動に対する取締りにより力を入れ、麻薬への違法ニーズと麻薬の危害を減らした。薬物乱用モニタリングシステムの機能を高め、薬物乱用モニタリング業務実施能力と水準を向上しつつであるという。

(出所:CFDAサイト2014-09-26)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:23:00