元のバージョ

食品医薬品年次報告

食品医薬品年次報告
国家食品医薬品監督管理局は「国家医薬品濫用モニタリング年間報告(2011年)」を発布
时间: 2012-08-06 |クリック回数:

2012年8月1日、国家食品医薬品監督管理局は「国家医薬品濫用モニタリング年間報告(2011年)」を発布した。

  「国家医薬品濫用モニタリング年間報告(2011年)」は2011年のモニタリング・データの全体的状況、新たに発生した医薬品濫用者に対するモニタリングの状況、ヘロイン濫用に対するモニタリングの状況、新型合成麻薬濫用に対するモニタリングの状況及び医療用医薬品使用及び濫用の状況などの五つの面の内容を含む。

  モニタリングデータによると、医薬品濫用者の中、医薬品を使用・濫用する割合は持続的に低いレベルに維持していることを明らかにした。2011年、医療用麻酔医薬品を使用・濫用するケースが2010年に比べると0.3%減、医療用精神医薬品の使用・濫用が同期比3.7%減、その他の処方薬と非処方薬の使用・濫用が同期比0.9%減となった。その内、化合物リン酸コデイン内服液を使用・濫用する割合は0.3%で、同期比0.5%の減となった。

  「国家医薬品濫用モニタリング年間報告(2011年)」は2011年の中国医薬品濫用に対するモニタリングの全体的状況を分析し、また近年以来のモニタリング・データを分析することを通じて、中国の医薬品濫用における変化の特徴を示し、医薬品濫用における流行の成行を予測した。

(出所:SFDAウェブサイト 2012年08月01日)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:23:23