元のバージョ

食品

監督管理動態
国務院が「『十三五』国家食品安全企画」と「『十三五』国家医薬品安全企画」を発表
时间: 2017-03-06 |クリック回数:

  2月21日、国務院は「『十三五』国家食品安全企画」と「『十三五』国家医薬品安全企画」を発表し、「十三五」計画期間における食品、医薬品安全関係業務の指導思想、基本原則、目標と主要任務を明確化し、国民の安全飲食と医薬品安全使用を保障するための業務割当を行った。

  「十三五」計画期間はややゆとりのある社会を全面的に確立するプロセスの決勝段階でも、厳密で能率的な食品医薬品安全関係社会共同管理体制を本格的に確立するための重要時期でもある。食品医薬品安全管理の法則を十分遵守し、現段階業務のポイントを把握し、「最厳格な標準、最厳格な監管、最厳格な処罰、最厳格な責任追及」という方針を堅持し、発端から制御し、現象だけではなく根本原因も見つけて徹底的に管理し、食品医薬品産業が健やかに発展するよう促進し、「健康中国」の建設を推し進めなければならない。

  「『十三五』国家食品安全企画」では、以下の目標が立てられた。2020年までに、食品安全関係抜取検査は食品の全類別、全品目をカバーし、国は統一的な計画を立て、各地域の関係機関は年間食品検査実施量が千人あたり4件に達するよう努める。農業汚染の発端を有効的に制御し、主要農産品品質安全モニタリングの全体合格率が97%以上という目標を達成する。食品安全現場検査に全面的に注力し、食品生産経営者に対して少なくとも年に1回検査を行う。食品安全標準をより整備し、製品標準の適用範囲をあらゆる日常的に消費する食品に拡大させ、数量限定標準の適用範囲をあらゆる許可取得農薬、動物用医薬品と関係農産品まで拡大させる。食品安全監管と技術的サポート力を明らかに高める。また、企業の主体的責任の徹底的遂行、国内食品安全標準と関係国際標準との統合、法律と法規の整備、発端制御の厳格化、プロセスに対する監管の厳格化、抜取検査の強化、法律と規定に違反する行為の厳罰化、技術的サポート力の向上、プロ検査員チーム育成の加速化、社会共同管理実現の加速化、食品医薬品安全関係モデル都市と農産品品質安全県確立キャンペーンの深いレベルまでの実施という11の主要任務も明確化された。

  「『十三五』国家医薬品安全企画」では、以下の目標が立てられた。「十三五」計画実施期間中、医薬品品質をより高め、上市した医薬品に対する品質と治療効果一致性評価を期間と品目を分けて行う。医薬品と医療機器標準を継続的に向上させ、3050の国家医薬品標準と500の国家医療機器標準の制定と修正を完了する。審査承認体制を次第に整備し、規定された期限内に審査と承認を行う。検査能力をより高め、プロ検査員の人数と素養が検査ニーズに応えられるよう努める。モニタリング水準をより高め、医薬品安全性関係定期更新報告と評価率が100%に達する。検査検測と監管執行能力が向上し、医薬品と医療機器検査検測機構のレベルも関係国家標準に達する。勤務薬剤師のサービス水準を顕著に高め、人数も1万人あたり4人以上に達する。すべての小売薬局は主要管理者が免許薬剤師の資格を持ち、営業時に免許を持っている薬剤師が医薬品使用について指導する。また、ジェネリック医薬品品質と治療効果一致性評価実施の加速化、医薬品と医療機器審査承認制度改革の深化、法規標準体制の整備、全過程に対する監管の強化、能力向上への注力という5の主要任務も明確化された。

  さらに、「『十三五』国家医薬品安全企画」は、政策上の保障を強化し、関係経費を合理的に算出し、総合的な協調を強化し、国際協力を深めると要求した。地方における各級人民政府は確定した発展目標と主要任務に基づき、食品医薬品安全業務をアジェンダと本地域経済社会発展企画に入れなければならない。関係機関は職責によって業務を割り当て、目標を細分化し、任務を分担し、具体的な実施案を制定しなければならない。

  (出所:CFDAサイト2017-02-21)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:25:16