元のバージョ

総合情報

総合情報
人的資源社会保障部が2017年版医薬品目録を公表
时间: 2017-02-21 |クリック回数:

  2017年2月21日、人的資源社会保障部は「『国家基本医療保険、労災保険と生育保険適用医薬品目録(2017年版)』の公表に関する通知」(人社部発〔2017〕15号)を発表した。同通知により、「国家基本医療保険、労災保険と生育保険適用医薬品目録(2017年版)」は正式に公表された。同目録は、党中央、国務院による全体的計画と人的資源社会保障部の業務実施スケジュールに基づき、全国各省(自治区、直轄市)の4000人近くの臨床医、薬剤師および医療保険管理専門家が何度も協議して作成したものである。

  同目録は、凡例、西洋薬、漢方製剤と加工済み漢方薬材という4つの部分に分けられる。凡例は医薬品目録の書式、医薬品名称と剤形の規範化、保険利用範囲などに関する解釈と説明である。西洋薬の部分は化学医薬品とバイオ製品に関するものである。漢方製剤の部分は漢方薬と民族薬の製剤に関するものである。加工済み漢方薬材の部分は排除法で医療保険不適用の漢方薬材を選定した。西洋薬と漢方製剤の部分は合計2535品目を収録し、2009年版と比べて339品目が増え、15.4%の増加率だった。西洋薬の部分は1297品目、漢方製剤の部分は1238品目(うち、民族薬は88品目)を収録した。加工済み漢方薬材の部分は修正せず、2009年版医薬品目録と同様だった。また、専門家による審査をへて、45品目の収録予定医薬品は選出され、いずれも臨床的価値が高く、価格も比較的に高い先発医薬品だった。今後、関係メーカーは収録関係相談に乗る意向があるかどうかを確認したうえ、収録予定医薬品リストを公開し、関係手順に従って相談のスケジュールを組む。

  2017年版医薬品目録は専門家による審査で確定され、「不足克服、優良品選出、イノベーション応援、競争奨励」の政策を具現し、労災保険適用医薬品、児童用医薬品、独創新薬、重大疾病治療用医薬品と民族薬への考慮とサポートに重点を置いた。専門家たちは、2017年医薬品目録は基本医療保険適用医薬品の範囲を拡大させ、医薬品使用保障の水準を高め、党と政府が国民医療保障に引き続き注力するための重要措置で、保険加入者の負担を軽減させ、臨床用医薬品の品質向上に有利で、我国医薬産業のイノベーションと発展を促進したと評価した。

  リンク:「人的資源社会保障部による『国家基本医療保険、労災保険と生育保険適用医薬品目録(2017年版)』の公表に関する通知」

  (出所:人社部サイト2017-02-21)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:25:19