元のバージョ

総合情報

市場情報
2018年中国の西洋薬対外貿易が全体的に安定
时间: 2019-05-24 |クリック回数:

  2018年、中国の西洋薬類製品輸出入総額は632億8700万ドルに達し、前年同期比で8.83%減少した。そのうち、輸出額が前年同期比4.03%増の368億8300万ドルに達し、よい増加傾向になった。輸入額が前年同期比22.26%減の264億400万ドルに達した。西洋薬の輸出量と輸出額がいずれも上昇し、輸出量が前年同期比で2.41%増加し、輸出平均価格が前年同期比で1.58%増加し、穏やかに増える状況だった。輸入量が前年同期比7.88%増加し、輸入平均価格が27.93%下がった。

  2018年、西洋薬類製品輸出は原薬、製剤、バイオ医薬品の3種類製品がメインであるという状況がほとんど変化しなかった。原薬は依然として輸入の「主力軍」で、輸出量が929万7200トンに達し、前年同期比で3.75%増加し、輸出平均価格が前年同期比で0.53%とやや下がったものの、輸出額が前年同期比3.2%増の300億4800万ドルに達し、西洋薬類製品輸出総額の81.47%も占めた。西洋薬製剤は輸出量が前年同期比で5.22%減少したものの、輸出平均価格が前年同期比で25.17%上がったため、輸出額が再び最高記録を更新し、前年同期比18.64%増の41億ドルに達し、西洋薬類製品輸出総額の11.21%を占め、去年より1.37ポイント上がった。バイオ医薬品は輸出量が減り、輸出価格が上がった状況にあったものの、輸出額が27億3500万ドルに達したが、前年同期比で5.13%減少し、西洋薬類製品輸出総額の7.42%を占めた。

  輸入では、西洋薬製剤が依然として主要類別である。2018年、中国の西洋薬製剤輸入平均価格が大幅に下がり、輸入量の増加幅がわずか1.75%で、輸入総額が130億3000万ドルに達し、前年同期比で24.05%も減少した。原薬は輸入量が前年同期比で8.68%増加したものの、輸入平均価格が前年同期比で9.06%も下がったため、輸入額が前年同期比1.16%減の86億2100万ドルに達し、西洋薬類製品輸入総額の32.65%を占めた。バイオ医薬品は輸入額が初めて減少し、輸入額が前年同期比で41.21%と大幅に減少し、わずか47億5300万ドルだった。

  (出所:中国医薬新聞2019-05-22)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:26:36