元のバージョ

化粧品

監督管理動態
全国化粧品監督管理業務会議が開催
时间: 2015-04-20 |クリック回数:

3月31日、全国化粧品監督管理業務会は北京で開催された。会議では、2014年化粧品登録届出、市販後の監督管理業務についての総括が行われ、2015年化粧品監督管理関係重点業務の研究と割り当てが行われた。また、化粧品審査承認制度の改革を行い、化粧品市販後監督管理を強化し、主体的責任を適切に割り当て、化粧品監督管理業務の持続的かつ新しい発展をしっかりと促進するよう提案した。

化粧品登録届出業務は2014年に新たな進展をとげた。2014年、全国における国産非特殊用途化粧品類製品のオンライン登録は19万件以上に達し、7000社の化粧品関係委託企業は初めて監督管理されるようになった。「化粧品衛生監督条例」の修正も実質的に突破し、「化粧品衛生規範」(2007年版)の修正に関する研究も基本的に完了し、修正原稿が仕上げられた。化粧品市販後の監督管理業務も新たな成果をおさめ、国家食品医薬品監督管理総局は使用禁止・制限物質の違法添加に関する特別抜き打ち検査を実施、全国で監督と抜き打ち検査を展開し、化粧品関係副作用モニタリングの試行を開始させた。

会議では、2015年は引き続き法律システムの整備を行い、審査承認の改革を推し進めると指摘された。非特殊用途化粧品に対する監督管理を強め、原料管理と改革の促進に力を入れ、安全性・リスク評価制度の設計を速め、審査承認プロセスの最適化を促進し続ける。化粧品生産・経営秩序を規範化させ、対象を確定したうえでの市販後製品抜取検査を全国で展開する。問題になった企業と製品に重点を置き、化粧品メーカーに関するレベル別監督管理モデルを模索する。化粧品関係副作用モニタリング体制の確立を速める。化粧品監督管理チームの育成に力を入れ、化粧品関係技術審査、検査とモニタリング、監督と検査、副作用モニタリングなどの技術サポート機構の設立とチームの立ち上げに一層力を入れ、化粧品監督管理業務が新しい水準に達するよう切実に推し進める。

(出所:中国医薬報2015-04-14)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2019/11/18 18:24:55