元のバージョ

国際交流

国際交流
国家医薬品監督管理局とイスラエル衛生省、「医薬品、医療機器、化粧品監督管理分野協力意向に関する共同声明」に調印
时间: 2020-12-28 |クリック回数:

  2020年12月8日午前、国家医薬品監督管理局の焦紅?局長とイスラエルの何沢偉?駐中国大使は双方の医薬品、医療機器、化粧品監督管理に関する交流と協力をより促進するために、北京で「中華人民共和国国家医薬品監督管理局とイスラエル衛生省による医薬品、医療機器、化粧品監督管理分野協力意向に関する共同声明」(以下、「共同声明」と略称)に署名した。

  「共同声明」に調印する前に、焦紅?局長、徐景和?副局長は何沢偉大使一行らと会談を行った。焦紅氏によると、習近平主席とネタニヤフ首相は2017年3月、革新的な全面的パートナーシップを構築し、医療衛生を両国の重点的な協力分野として確定したことを共同で発表した。双方は責任をもって両国指導者の重要なコンセンサスを共同で実行し、「共同声明」の調印をきっかけに、医薬品、医療機器、化粧品監督管理分野での協力をより強化しなければならない。何沢偉氏によると、ここ数年来、両国の医薬品、医療器械、化粧品貿易額はたえず増加しており、イスラエル側は医薬品、医療器械、化粧品監督管理に関する両国の協力を非常に重視している。イスラエル衛生大臣の委託を受けて、何沢偉氏はイスラエル衛生省を代表して国家医薬品監督管理局と「共同声明」に調印した。また、焦紅氏によると、中国の医薬品監督管理機関とイスラエル衛生省は長期にわたって良好な交流と協力関係を維持してきた。両国の医薬品、医療器械と化粧品産業に関する協力は潜在力が大きく、将来性が高い。焦紅氏は何沢偉氏が両国の医薬品、医療器械、化粧品監督管理に対する関心と支持に感謝し、双方が共に努力し、両国間の交流と協力を一層強化し、両国国民の健康を保護して促進するためにより大きな貢献するよう期待を示した。

  (出所:国家医薬品監督管理局サイト2020-12-8)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2020/12/28 08:56:19